« ころり(BlogPet) | トップページ | フレックスペンゲット!したけど »

小学校へ

こむりんの病気の説明に行ってきました。

別に行かなくてもいいかなあとも思ったのですが
今回は担任も変わることだし宿泊学習もある学年なので
一応お話をということになったのですconfident

今年は新しい校長先生なのですが
こむりんが2年生の時までこの小学校にいらした先生だったので
入学の時にお話をさせていただいていたのでした。
なので細かい話はまったくしなくてもOKでしたscissors
それから新しく担任になった先生と隣のクラスの先生、養護の先生の
4人とお話してきました。

なんとsign03養護の先生と隣のクラスの先生は以前
IDDMっ子を受け持っていたことがあるとか。。eye
(でもとても前のことなので学校での注射はしていなかったらしいです)
なので、低血糖や高血糖の症状には詳しくて助かりました。

今月早速遠足があるのですが
高血糖の場合はトイレが近くなることもご存じで
バスでのトイレ休憩を行きと帰りに入れてくださることになりました。
はじめの予定には入っていなかったのですって。

そして7月の宿泊学習の日程が出次第
注射や捕食について相談することになりました。

前回(入学時と担任が変わった2年生の時)
学校でお話させていただいた時と違うことは
学校でお昼に注射をすることになったことです。
今のところ新しく同じクラスになったお友達には何も説明せず
ほとんど誰にも気がつかれないうちに注射をしていますが
知らない子がそばで暴れたり
もしかしたら捕食を誤解されることがあるかもしれないので
担任の先生とこむりんで相談して
どういう形でお友達に説明していくかは任せようと思います。

基本的には今まで通り
自分の席で測定や注射をする。
他の子と同じように見ていただいて
具合が悪そうなら低血糖を疑って声をかけていただく。
捕食は教室で。
教室と保健室には捕食を置いておく。
先生のポケットにもブドウ糖を入れておく。
何かあったら(意識がないくらいの低血糖)救急車を呼ぶ。

あ。
そういえば今回は、何かあったら親が責任をとりますとは
宣言してこなかった~~!
でも、とてもよく知っている校長先生だし、大丈夫かなcoldsweats01

こむりんに限らずいろいろな病気を持っている子がいるので
(たとえばアレルギーで食べるものが限られる子もいるし
ぜんそくの子も多いですよね)
いろいろな人がいていろいろ違うこともあるけれど
みんなで協力しあって助け合おう
という趣旨のお話をするつもりだということを聞いて安心しました。
アトピーのお子さんが傷つくことを言われたことがあると
ご近所のママに聞いたこともあったのです。
こどもは考えるよりも先に口に出てしまうので
結構残酷だったりするのですよね。。bearing
でももう5年生だから、
こむりんには相手の気持ちを考えて
こんなことを言ったらどんな気持ちになるかなと
想像できる子になってほしいのです。

最後に、新しく赴任してこられた先生方に
担任の先生から職員会議で説明する際に
こむりんが持ち歩いているブドウ糖(ツッカーがほとんどです)を
見せていただくこともお願いしました。
どこで捕食するかわからないし
ツッカーを落とすことも考えられますからねsweat01

さて、今年も理解ある先生方に恵まれて
本当にラッキーな私たちですhappy01
先生、みなさん、いつもありがとう~~~~~heart04
この1年、何事もなく楽しく過ごせますようにshineshine

(いやなことを言うおばかな子も中にはいますけどねっangry
そんな時はこむりん、
「注射してみる?」
って1オクターブ低い声ですごんでるんですって!
ぜんぜんだいじょうぶそうでしょsmile

|

« ころり(BlogPet) | トップページ | フレックスペンゲット!したけど »

IDDMライフ☆」カテゴリの記事

コメント

こむりん。強っwink
「注射してみる?」これ、いい~~flair

じゃこちゃん、お疲れ様でした。
こむりんの学校は良いな~~と又思っちゃった。
1型を知っている先生方がいるってサイコーshine

>バスでのトイレ休憩を行きと帰りに入れてくださることになりました
この配慮もステキ!!

今までと変わることなく5年生送れそうね。

私も今日、面談してきたけど
お話した新先生方は1型なんて知らないし
私もド素人みたいなもんだし
何をどう説明したら良いんだか・・・crying
そんな感じで説明してきましたぁ。。。
頼りない母だよ。

ツッカーって色んなトコで
見かけるんだけど 何処で手に入るの?

投稿: ハナ | 2008年4月14日 (月) 20時49分

すご~いshine
先生方のことも安心だけれど、
こむりん、かっこいい~happy02

あやも今まで補食を摂っている時に何か言われると、
「だって薬なんだもん」って言い返していたみたいだけど、
ほとんど毎日食べて帰ってきた子が、
担任が変わって、1回もナシthink
インスリン量が合っていてOKならいいけど・・・
我慢は、絶対にしないこと!って話しておきました。

担任も安心しきった様子で、ちょっと大丈夫?って感じだったので、
自分で対応できない低血糖が起こることもあることとその対処法を
もう一度手紙にして届けてもらったけど、どうなるかしらcoldsweats01

投稿: みわ | 2008年4月15日 (火) 10時35分

ハナさん、こんにちは~

任務完了!
ツッカー2種類持っていくからねwink

そうそう、ツッカーって。。
http://www.fujiyuki.co.jp/
こんなのだよ~。気に入ったら大量に通販でもいいよね。
私は学校のキャンプに備えてレスキューを調達しなくちゃとおもっているのrock

病気のことを知っている先生が2人もいたなんて本当にびっくりでした。
でも先生ってあちこち移動しているから、
ベテランの先生なら意外と受け持ったこともあるのかもしれないなあと思いましたconfident

こむりん、強いでしょ?
何年も揉まれているうちに強くなったのねきっと。coldsweats01


みわさん、こんにちは~

うふふ。きっとあやちゃんだってそのうちに。。happy01
先生はずっと前の、たぶん今のような良い注射器もない頃の生徒さんを受け持っていたから、
低血糖も高血糖も多くて大変だったようです。
なのでこむりんの様子があまりにもぜんぜん普通なのですごく安心しているみたいwink

あやちゃん、捕食の時に言われたことがあるのね。。
先生がしっかりフォローしてくださらないと我慢しちゃうかもしれないから心配ですねthink
先生、自然に接してくださるのはいいけれど、病気だってことを忘れないで~~!
みわさんのお手紙で、先生がもう少し注意してみてくださるようになるといいねshine


投稿: じゃこちゃん | 2008年4月15日 (火) 13時12分

学校の対応、いろいろ配慮してもらえるようで、ホント良かったですheart04

さすがー、こむりん、すごいsign03
ミツは注射の時に『おくすりくさい!』って、必ず鼻をつまむお友達がいて。。。
先生がなるべく注射の時には、さりげなくその子を離して下さるようになったんだけれど。。。
ミツも、病気にたいしてもそうだけれど、まわりの環境にも負けない強い心を持って欲しいなconfident

投稿: ひふみママ | 2008年4月16日 (水) 09時26分

ひふみママさん、こんにちは~~

はい!学校の対応は大げさでもなく適当に(笑)見てくださるのがとてもいいし
トイレ休憩のことなど、私が思いつかなかったことも配慮してくださってありがたいですshine

あーー、ミツくんの幼稚園でもやっぱり?
こむりんもね、隣の席の子に注射しているときに
「くさい」
って言われたことがあるのですって。
もうとっても傷ついたけど
「打ってやろうかっannoy
と、かな~りすごんだら逃げちゃったってcoldsweats01
さすがにそれはやりすぎかな~
でもわかってくれる子のほうがだんだんと多くなっていくし
本人も強いだけでなく人の痛みのわかる優しい子に育ってくれると思いますshine

投稿: じゃこちゃん | 2008年4月16日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ころり(BlogPet) | トップページ | フレックスペンゲット!したけど »